科学リテラシーと次世代教育

世界を広げる言語能力

英語を勉強するんじゃなくて英語「で」勉強するのが大事とよく言われますが、じゃあなにを習うのといわれれば、それは物理だろうか。主だった理由としては、次のものが挙げられます。

  • 科学の基礎
  • 身近でイメージしやすい

人類史上最も強力な言語は、数学でしょう。これほど情報を抽象表現に落とし込める言語はありません。ただし、その抽象度が習得の障害となりえます。

一方、物理は、その他の科学リテラシー(たとえば、情報・統計・医療)に比べてもより基礎的で、それでいて(だからこそ)低年齢の子供にも理解しやすい特性があります。この自然科学の理路を、人間社会の共通言語たる英語で学ぶことができれば認識できる世界は豊かなものとなるでしょう。

現代社会のリテラシー

学校で教えてもらうと良いのでしょうが、たとえ学校教育でやってくれなくても次世代には教えていきたいことを書き出してみました。

  • 金融リテラシー(なぜ税金を納めるのか、簿記の初歩、社会保障)
  • 法律リテラシー(権利と民法の概要、侵害された時にどこにアクセスするか)

金融と法律は身を守るために最低限必要な知識です。これらの知識があるだけでは幸せになれませんが、これらの知識で深刻な不幸を回避できることは注目に値します。

科学リテラシーが人類への貢献を生み出すという点で、ポジティブに効く知識だとすれば、金融と法律のリテラシーはネガティブを防ぐ知識です。

R. ファインマン『ご冗談でしょう,ファインマンさん』 (岩波現代文庫)

http://amzn.to/2F8DHlU

広告