中国への送金ならSBIレミットの MOST BANK がおすすめ

中国へ送金する場合、国際送金を担う MoneyGram やウエスタンユニオンと提携している会社を利用するのが定番です。これらのサービスと提携している会社は数社ありますが、SBIレミットが提供している MOST BANK の手数料が良心的なのでおすすめします。

SBIレミット MOST BANKS での国際送金

  • 振込先: 対象の銀聯カード(2017-07-14 現在で全12行)
  • 上限: $5,000 USD / 回, $10,000 USD / 日
  • 着金: CNY
  • 振込手数料: 480 円 〜 1,480 円

ざっくり50万円以内なら確実にこちらが有利。振込手数料が安く、受け取り通貨が人民元 (CNY) なので着金後の両替の手数料や手間がかかりません。詳しくは Account DepositMOST BANKS を参照のこと。

セブン銀行での国際送金

セブン銀行がウエスタンユニオンと提携して中国の銀行口座への送金も取り扱っています。

  • 振込先: 中国銀行、中国工商銀行、など (2017-07-14 現在で全79行)
  • 上限: 50,000 CNY / 回
  • 着金: CNY
  • 振込手数: 一律 2,000円

詳しくは SEVEN BANK を参照のこと。 ウエスタンユニオンといえば現金での受け渡しの印象があるが、現金受け取りの場合は USD 限定かつ同価格帯で手数料が 5,000円 ほどかかります。
それでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中