私の花粉症対策まとめ

TL;DR

花粉症の季節です。

結論としては、下記リンク先の 鼻アレルギー診断ガイドライン2016 に則って治療しましょうという話です。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/65/8/65_982/_pdf

くすりの選び方

ガイドラインによると第2世代抗ヒスタミン薬と鼻噴霧ステロイド薬の組み合わせが主流で、僕もそれに準じて処方された薬を飲んでいます。具体的には次の2種です。

  • 抗ヒスタミン薬: ザイザル
  • 鼻噴霧ステロイド薬: フルチカゾン点鼻液

自分の場合、流れ作業の医者に相談するのは気がひけたので薬局でもらえる調剤明細書でガイドラインに沿っているか確認しました。ザイザルは第2世代抗ヒスタミン薬のなかでも最も効き目が高いもので、これは自分で下調べして、通院先の医師に試してみたいと相談して切り替えてもらいました。

処方薬の難点は、病院まで出向かないといけないことです。筆者の場合、通院頻度は1月下旬〜5月中旬ごろにかけて30日ごとで、正直なところ面倒くさいです。

民間療法は避けよう

正直なところ、民間療法はカネと時間の無駄だと思っています。

専門家を尊重して、メタアナリシスを経た治療法だけ試しましょう。苦しんでいるひとはちゃんと病院に行くのをおすすめします。あと、処方薬は健康保険が効くので市販薬や民間療法よりも出費が抑えられますよ。

自分の重症度

最後に、参考までに筆者の花粉症の重症度を書いておきます。

物心ついた5歳ごろには発症していた早熟な花粉症持ち。アレルギー検査によると、1年の3/4は何らかのアレルゲンにさらされており、スギヒノキはしきい値をぶっちぎっていました。この検査を機にまともに耳鼻科に通いはじめました。見える化は大事。ここ数年は薬で押さえ込んでいるのでそこまで酷い症状は出ていません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中