木構造をマンダラチャートで描く

仏教の宗教画に「曼荼羅」と呼ばれるものがあるが、そこから派生して野球選手の大谷翔平がマンダラチャートで目標管理をしてる。

マンダラチャートの使い方・書き方(テンプレ付):大谷翔平も実践した目標達成シート「マンダラチャート」|U-NOTE [ユーノート]

よく見るとこのマンダラチャートは深さと幅に一定の制約のある木構造をしている。一般に木構造は視覚化する際に一覧性や画面効率が悪いが、このマンダラチャートはその欠点を見事に克服している。

ソフトウェア産業ではOKRでの目標管理が普及している。管理を補助する SaaS はいくつかあるが、その出力形式としてマンダラチャートは大いに可能性を秘めているのではないだろうか。東洋的な神秘はアメリカで幅広く受け入れられるポテンシャルがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中