指輪型デバイスOura ring 2ヶ月レビュー

ある日 Oura ring のアプリでみれる指標を眺めていると readiness (元気の良さ的な指標) が下がっていて「はて、何やろうか」といぶかしがっていたら午後から急激に体調が悪くなったことがありました。先行指標になってるのがすごいです。それ以降1日の予定立てるときの判断材料にしています。


睡眠トラッカーとしての癖

使っているうちに気づきましたがアプリに表示される睡眠時間は「実測値」というかベッドの上で意識はないけど動いてるときは起きている判定になります。なので、いわゆる睡眠時間よりは短かく出がち。過去のスコアと比べられれば実用に差し障りはないのでこの特性に慣れれば使いこなせます。

ただポッドキャストを流しながら寝落ちした時とかに起きている判定になってるのは解せないところ。そういうことするなってことかな?

あくまでセンサーの役割に徹する設計の妙

概評としては、着用するだけで有用なライフログを貯めてくれるので重宝しています。アプリの品質も高い。指輪はセンサーに徹しており、バイブレーションやLEDによる通知などのファンシーな機能はありません。それによって壊れにくさやバッテリー低消費を実現するという割り切った設計にグッときます。

機能が少ないのでバッテリーの持ちも良好

だいたい充電は週1くらいなのでスマホみたいに習慣化するというよりはアプリから残量が少ないと通知が来たときにアダプターにはめる運用をしています。旅行時など充電できないと前もって分かっているときは、残量が少なめなら前もって充電しておくとよいでしょう。旅行前にモバイルバッテリーなんかを充電する儀式がある人は馴染めると思います。

いつ着用するかは使っているうちに自然とルーティンに落とし込めると思います。リング本体は防水でバッテリー長持ちなので常時着用可能です。自分は手を洗う時や入浴時には外しています。気持ちサイズが大きめを選んだほうが着脱しやすいでしょう。トラッキング精度を高めるには隙間のできないジャストサイズが推奨されていますが、自分は人差し指と薬指で左右どちらの手でも入るくらいの余裕は確保しました。たまに計測のギャップがありますが、大勢に影響はない数十分くらいの範囲に収まっています。

着けるだけなので「使いこなす」という概念がない

ということで、ウェアラブルデバイスに興味のある方に強くお勧めできます。特に腕時計を着ける習慣のない人にとっては第一選択肢になるのではないでしょうか。腕時計型だとラップトップのパームレストに干渉しますが、指輪ならタイピングの邪魔にはなりません。自分は両親にも贈りました。アプリが日本語対応しているおかげか、使いこなせているようです。


以上、ライフログ収集家 @ymkjp がお届けしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中