中国は生活経済がおもしろい

自分のなかに中国史は概説書を読んでもおもしろくないという仮説がある。池上彰の『そうだったのか!中国』(集英社文庫)や『日中関係史』(有斐閣アルマ)を読んでも、どうにもしっくりこない。どういうわけか、ワクワクせず頭に入ってこない感じがあるのだ。

Market

政治史がダメなら、思想面はどうだろうと『「東アジアに哲学はない」のか――京都学派と新儒家』(岩波現代全書)に目を通してみた。うーむ、これは身につきはするかもしれないが、おもしろみに欠ける。

しかし、少し視点を変えるとおもしろい中国関連本も数多くある。

例えば『現代中国経営者列伝』 (星海社新書)。経営者列伝は中国で「励志書籍」と呼ばれる人気のジャンルとのこと。志を高くもつよう奮い立たせる本ということらしいが、そこで取り上げられる定番ネタが「第一桶金」(足がかりとなった儲ける方法という意味)というのが実直でおもしろい。

また、元中国大使の丹羽氏の著作『習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題 (PHP新書)』はビジネスの視点だから「誰に話を通すべきか」など実践的な知見が書かれていて良かった。歴史としてはそんなことは表面的なのかもしれないが、しかし中国が注目を集めているのは将来のポテンシャルがあるからだし、現状の急速に進みつつある中国社会の変化とそこで発生している諸々の軋轢を知るのは楽しいものだ。

政治についても、亡命漫画家ラージャオさんの作品なんかはとっつきやすい。固く考えすぎるとよくないのかもしれない。

要するに、中国の魅力は市井の生活経済にあるというのが私の理解だ。おそらくこの感覚は、もっと中国のことを深く知っていれば見解は変わってくるかもしれない。なぜなら中国に限らずなにごとも、多くの傍証が身にしみていれば、自然と抽象的な事柄に興味がわいてくるものだからだ。そうなってくれば概説書や思想書を読んでいても、自分のなかで他の事象とリンクさせて消化することができるのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中